経験値カード

健康やフィットネスなど良い習慣を気ままに綴るブログ

肥らない糖質の採り方

【スポンサーリンク】


daifuku with beans

 

同じカロリーの食事でも、摂取タイミグで脂肪になりやすいタイミグとそうでないタイミングがあるのはご存知でしょうか。今回は脂肪にならない糖質の摂取タイミングについてシェアしたいと思います。

筋トレ後の糖質は脂肪にならない

 筋トレ後、プロテインを摂取している方は多いとは思いますが、糖質を摂取している方は少ないのではないのではないでしょうか。

プロテインは筋肉に必要で糖質は不要。逆に肥ると考えてのことだとは思いますが、一定量のトレーニング後の糖質の場合、脂肪にはならず、筋肉のために使われるので筋トレをしている方は、トレーニング後にプロテインと一緒に糖質も摂取すると良いでしょう。(減量・増量関係なく。)

 

なぜ筋トレ後の糖質は脂肪にならないのか

理由としては、インシュリンと呼ばれるホルモンの作用のためとなります。
インシュリンは、栄養素を身体に運ぶホルモンですが、糖質を摂取すると、身体の血糖値が上がり、それを安定(下げる作用)ため、インシュリンが分泌されます。このインシュリンが筋肉細胞や脂肪細胞、肝臓へ糖質をエネルギーとして運ぶのですが、送る先の優先順位は
筋肉>肝臓>脂肪
となり、筋肉にまず最初に送られるので、脂肪にはならないというわけです。
もちろん、あまり採りすぎると、筋肉内のエネルギー(筋グリコーゲン)が満たされ、余りは脂肪や肝臓へ貯蔵され、脂肪に変わりますので、いくら食べても良いというわけではありません。

 

筋トレ後の糖質摂取量について

トレーニング後の糖質が脂肪にならないといって、採りすぎると脂肪に代わってしまいます。ですので、どの程度採ればよいのか悩むところだと思いますが、明確が数値は出てません。筋肉内のエネルギー(筋グリコーゲン)に寄るからですね。目安にできる数値は出てるようで、筋トレの強度や体重に応じて20~60g辺りが目安となるようでです。

 

おわりに

糖質の種類についてですが、トレーニング後はできるだけ早めに筋肉にエネルギーを与えた方が筋肉にも良いので、GI値が高い(血糖値が上がりやすい)糖質が良いのですが(白米やフルーツ)、あまり神経質にならなくて良い気がします。トレーニング後には早めに糖質・タンパク質を含む食事をとるようにすればOKかと思います。