経験値カード

健康やフィットネスなど良い習慣を気ままに綴るブログ

楽しく行う部活動に憧れる

【スポンサーリンク】

部活といえば、中学生の時に入っていたテニス部を思い出す。テニスといってもウインブルドンやらグランドスラムとかの黄色いボールのテニスではなく、白く柔らかいボールのソフトテニスと言われているテニスだ。正直いって楽しい思い出などはほぼなく、つまらなかった記憶がほとんどだ。

今にして思えば、非常に勿体無い時間の使い方をしてたなと思い、後悔の念に堪えないところである。

私の中学生時代というのは、なんというか、私の地域だけなのかもしれないけど、かなり狂った上下関係が発生しており、たった1年2年の歳差で極端は上下関係、カーストが発生してしまっていた。それは、当然部活動へも影響し、非常に過ごしづらい部活動だった記憶がある。

小学生の頃は仲よかった上級生も中学生ではなんだか呼び名も変わってしまい奇妙な関係となってしまった。コミュ障には辛い環境である。

また、これも何故かはよくわからないが、私の中学では部活に参加するのが必須で必ず何かの部に入る必要があった。興味がある人だけが参加すれば良いものを何故にこのような意味不明なルールを作るのか。元々は兵隊の訓練場としての学校教育だからだろうか。

そんなわけで(?)部活でテニスをやっていてもなんだやる気のない感じで、熱心にやってる人との温度差も激しく、あまり真面目に練習しない私を白い目で見てる人もいたり、かといって、体裁的に全く何もしないというわけにもいかずほとほどに練習を行い、だらだらとした時間を垂れ流してしまい、とてももったない期間だなと今にして思う。

今週のお題「部活」